Lecture en musique 2

Titre: 粉雪 ー レミオロメン

Paroles:

粉雪舞う季節は いつもすれ違い
こなゆきまうきせつは いつもすれちがい

人混みに紛れても 同じ空見てるのに
ひとごみにまぎれても おなじそらみてるのに

風に吹かれて 似たように凍えるのに
かぜにふかれて にたようにこごえるのに

僕は君の全てなど 知ってはいないだろう
ぼくはきみのすべてなど しってはいないだろう

それでも一億人から 君を見つけたよ
それでもいちおくにんから きみをみつけたよ

根拠はないけど 本気で思ってるんだ

こんきょはないけど ほんきでおもってるんだ

些細な言い合いもなくて 同じ時間を生きてなどいけない
ささいないいあいもなくて おなじじかんをいきてなどいけない

素直になれないなら 喜びも悲しみも虚しいだけ
すなおになれないなら よろこびもかなしみもむなしいだけ

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら
こなゆき ねえ こころまでしろくそめられたなら

二人の孤独を分け合うことが出来たのかい
ふたりのこどくをわけあうことができたのかい

僕は君の心に 耳を押し当てて
ぼくはきみのこころに みみをおしあてて

その声のする方へ すっと深くまで
そのこえのするほうへ すっとふかくまで

下りてゆきたい そこでもう一度会おう
おりてゆきたい そこでもういちどあおう

分かり合いたいなんて 上辺撫でていたのは僕のほう
わかりあいたいなんて うわべをなでていたのはぼくのほう

君のかじかんだ手も 握り締めることだけで繋がってたのに
きみのかじかんだても にぎりしめることだけでつながってたのに

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに あまりに脆く
こなゆき ねえ えいえんをまえにあまりに あまりにもろく

ざらつくアスファルトの上 シミになっていくよ
ざらつくアスファルトのうえ シミになっていくよ

粉雪 ねえ 時に頼りなく 心は揺れる
こなゆき ねえ ときにたよりなく こころはゆれる

それでも僕は君のこと 守り続けたい
それでもぼくはきみのこと まもりつづけたい

粉雪 ねえ 心まで白く 染められたなら
こなゆき ねえ こころまでしろく そめられたなら

二人の孤独を包んで 空にかえすから
ふたりのこどくをつつんで そらにかえすから

logo

Auteur: Tev