Lecture en musique 5

Titre :宇多田 ヒカル – Flavor Of Life

Paroles:

「ありがとう」と君に言われるとなんだか切ない
「ありがとう」ときみにいわれるとなんだかせつない

「さようなら」の後もと解けぬ魔法淡くほろ苦い
「さようなら」のあともとけぬまほうあわくほろにがい

The Flavor Of Life

The Flavor Of Life

友達でも恋人でもない中間地点
ともだちでもこいびとでもないちゅうかんちてんで

収穫の日を夢見ている青いフルーツ
しゅうかくのひをゆめみているあおいフルーツ

あと一歩踏み出せないせいで
あといっぽがふみだせないせいで

じれったいのなんのって Baby
じれったいのなんのって Baby

「ありがとう」と君に言われるとなんだか切ない
「ありがとう」ときみにいわれるとなんだかせつない

「さようなら」の後も解けぬ魔法淡くほろ苦い
「さようなら」のあともとけぬまほうあわくほろにがい

The Flavor Of Life

The Flavor Of Life

甘いだけの誘い文句 味気のないトーク
あまいだけのさそいもんく あじけのないトーク

そんなものには興味をそそられない
そんなものにはきょうみをそそられない

思い通りに行かない時だって
おもいどおりにいかないときだって

人生捨てたもんじゃないって
じんせいすてたもんじゃないって

「どうしたの?」と急に聞かれると「ううん、なんでもない」
「どうしたの?」ときゅうにきかれると「ううん、なんでもない」

「さようなら」の後に消える笑顔 私らしくない
「さようなら」のあとにきえるえがお わたしらしくない

信じたいと願えば願うほど なんだか切ない
しんじたいとねがえばねがうほど なんだかせつない

「愛してるよ」よりも「大好き」のほうが君らしいんじゃない?
「あいしてるよ」よりも「だいすき」のほうがきみらしいんじゃない?

The Flavor Of Life

The Flavor Of Life

忘れかけていた人の香りを 突然思い出す
わすれかけていたひとのかおりを とつぜんおもいだすころ

降り積もる雪の白さを もっと素直に喜びたいよ
ふりつもるゆきのしろさを もっとすなおによろこびたいよ

ダイヤモンドよりも やわらかくて温かな未来 手にしたいよ
ダイヤモンドよりも やわらかくてあたたかなみらい てにしたいよ

限りある時間を 君と過ごしたい
かぎりあるじかんを きみとすごしたい

「ありがとう」と君に言われるとなんだか切ない
「ありがとう」ときみにいわれるとなんだかせつない

「さようなら」の後も解けぬ魔法淡くほろ苦い
「さようなら」のあともとけぬまほうあわくほろにがい

The Flavor Of Life

The Flavor Of Life

logo

Auteur: Tev