vocabulaire-japonais

大人

夢を見る
叶える
無理
心配
ごめんなさい

運命
いつか
必ず
おとな
ゆめ
ゆめをみる
かなえる
むり
しんぱい
ごめんなさい
たび
うんめい
いつか
かならず
Otona
Yume
Yume wo miru
Kanaeru
Muri
Shinpai
Gomennasai
Tabi
Unmei
Itsuka
Kanarazu
Adulte
Rêve
Rêver
Réaliser (un rêve)
Impossible
Inquiet
Désolé/pardon
Voyage
Destin/fois
Un jour
Sans faute

ecriture-japonais

texte-japonais

お父さん:
ハル、今日も出かけますか。
ハル:
はい、出かけます。今日海を見に行きます。
お父さん:
海?ハル、この国には海がないのをしっていますね。
ハル:
しっています。でもお父さん僕は大人になりたいです。自分の夢を叶えたい。
お父さん:
ハル。それは無理ですよ。
ハル:
大丈夫お父さん、ナミもいますから。
お父さん:
でもお父さんもお母さんも心配です。
ハル:
お父さんごめんなさい。この旅は僕の運命だと思います。
お父さん:
わかりました、ハル。いつ帰るつもりですか。
ハル:
わかりませんがいつか必ず帰ります。
おとうさん:
ハル、きょうもでかけますか
ハル:
はい、でかけます。きょううみをみにいきます。
おとうさん:
うみ?ハル、このくににはうみがないのをしっていますね。
ハル:
しっています。でもおとうさんぼくはおとなになりたいです。じぶんのゆめをかなえたい。
おとうさん:
ハル。それはむりですよ。
ハル:
だいじょうぶおとうさん、ナミもいますから。
おとうさん:
でもおとうさんもおかあさんもしんぱいです。
ハル:
おとうさんごめんなさい。このたびはぼくのうんめいだとおもいます。
おとうさん:
わかりました、ハル。いつかえるつもりですか。
ハル:
わかりませんがいつかかならずかえります

– Haru, tu sors aujourd’hui aussi?
– Oui, aujourd’hui je vais voir la mer.
– La mer? Tu sais bien qu’il n’y a pas de mer dans ce pays.
– Je sais. Mais papa, je veux devenir un homme, je veux réaliser mes rêves.
– Tu veux l’impossible, Haru.
– Ça va aller papa, Nami sera avec moi.
– Mais ta mère et moi allons nous inquiéter.
– Pardon papa. Ce voyage, je pense que c’est mon destin.
– Je comprends. Tu comptes rentrer quand?
– Je ne sais pas, mais je rentrerai un jour c’est sûr.

grammaire-japonais

La forme に行く (ni iku): aller faire quelque chose

La construction “ni iku” se fait à partir de la forme en -masu des verbes. Il suffit de remplacer “masu” par “ni iku”.

食べます => manger

食べに行く => aller manger

食べに行きます => aller manger (forme polie)

食べに行った => être allé mangé

食べに行きました => être allé mangé (forme polie)


– キムさんは映画を見に行きます。 「キムさんはえいがをみにいきます。」
– Kim va voir un film.

– 飲み物を買いに行った。 「のみものをかいにいった。」
– Je suis allé acheter des boissons.


つもり (tsumori): avoir l’intention de

Au présent

Forme polie

On utilise le verbe à la forme neutre + tsumori + desu.


– ワインを全部飲むつもりです。 「ワインをぜんぶのむつもりです。」
– J’ai l’intention de boire tout le vin.

– 勉強をしに行くつもりです。 「べんきょうをしにいくつもりです。」
– J’ai l’intention d’aller étudier.

– 学校に行かないつもりです。 「がっこうにいかないつもりです。」
– Je n’ai pas l’intention d’aller à l’école. (lit. J’ai l’intention de ne pas aller à l’école.)


Forme neutre

On utilise le verbe à la forme neutre + tsumori.


– ワインを全部飲むつもり
– J’ai l’intention de boire tout le vin.

– 勉強をしに行くつもり
– J’ai l’intention d’aller étudier.

– 学校に行かないつもり
– Je n’ai pas l’intention d’aller à l’école.


Au passé

Forme polie

On utilise le verbe à la forme neutre + tsumori + deshita.


– 旅行するつもりでしたか。 「りょこうするつもりでしたか。」
– Tu avais l’intention de voyager?


Forme neutre

On utilise le verbe à la forme neutre + tsumori + datta.

– もう来ないつもりだった。
– Je n’avais plus l’intention de venir.


いつ (itsu): quand / いつか (itsuka): un jour

いつ Quand どこ だれ Qui
いつ Un jour Quelque part だれ Quelqu’un
いつ Toujours どこ Nulle part だれ Personne
いつでも N’importe quand どこでも N’importe où だれでも N’importe qui

何 「なに」 Quoi/quel
「なにか」 Quelque chose
「なにも」 Rien
でも 「なんでも」 N’importe quoi